categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category日記

「宝石が無ければ硝子玉でもいいじゃない!」

trackback0  comment0
「ゴシックロリィタでお出かけの会」だったか、そんな名前のコミュニティを発見しまして、嬉しくなったので入ろうかと思ったのですが、「コスプレ感覚の人お断り!(従ってボディーライン愛用者は不可)」と書いてあったので(うろ覚えなのでこんなニュアンスってだけ。たぶんもっと丁寧だった)ボディーライン愛用者=コスプレ感覚と見るのはどうなのか、と思ってしまった。

どんなに高いメゾンのお洋服を着ていても、自分なりに着こなせなければただのお仕着せなんじゃないかな。確かにボディーラインにはこだわりとかコンセプトとかないから、服そのものにロリィタ精神は無いかもだが。
でもそこに自分らしい合わせかたでロリィタ精神を宿すことは出来るんじゃないか。
そもそもロリィタメゾンのお洋服を着ているからロリィタ、というわけじゃないんでしょう? 親愛なるお嬢様がた。

ロリィタメゾンのデザイナーさんが考えて、コレでばっちりなコーデよーってなってるのそのまま(マネキンまま)着るのならそれはデザイナーさんにロリィタ精神があってそれを借りているだけで、結局は「シャネル=凄いブランド→欲しい!」「ロリィタ=最近注目されてきた→乗り遅れるとヤバい!」と大差ないとおもうんだけどね。
それがコスプレ感覚(ただの気まぐれお遊びで真面目なお付き合いじゃない)ってことじゃないのかな。

「ココ・シャネルの考え方に賛同して、シャネルじゃないお洋服も彼女の考えを受け止めた私なりに一生懸命コーデしますよ!」ではじめて「私シャネル好きなんだ!」って言えるし、本当にシャネルを着こなすことになるんだろうし、ロリィタという生き方を選んで、それを表現するためのロリィタ服なんだろうから「どこどこのメゾンです!」というのは実はまったく関係ないんじゃないかと思います。

まあ、自分とデザイナーさんの心トキメキポイントが一緒だったりするので結果メゾンのお洋服欲しくなっちゃうわけですが!
あとボディーラインには型紙盗作疑惑とかあるみたいなのでこんな単純な問題じゃないのかもしれませんが!
「コスプレ感覚」についてしっかり定義して示してくれた方がわかりやすかったと思いますね、私は。
スポンサーサイト
 









        
 
http://viratica.blog64.fc2.com/tb.php/70-0f24350d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。